都道府県別の年間平均気温のランキング

全国47都道府県の年間平均気温のランキングです。

日本の気候は多くの地域が温帯に属し、北海道や東北地方の一部で冷帯(亜寒帯)、沖縄県や南西諸島で亜熱帯に属します。

また、ほとんどの観測地点は県庁所在地です。しかし、埼玉県(熊谷)や滋賀県(彦根)は異なります。

そして、データに関しては気象庁のデータを総務省の統計局がまとめたものを使用し、データは平成30年(2018年)のもの。(※引用リンクに関しては大本である気象庁のものを貼っています。)

それでは、都道府県別の年間平均気温のランキングを見ていきましょう。

都道府県別の年間平均気温ランキング

順位都道府県(気象官署)平均気温(℃)
01位沖縄県(那覇)23.5
02位鹿児島県(鹿児島)19
03位宮崎県(宮崎)17.8
04位静岡県(静岡)17.7
04位福岡県(福岡)17.7
04位長崎県(長崎)17.7
07位熊本県(熊本)17.5
08位大阪府(大阪)17.4
08位兵庫県(神戸)17.4
08位高知県(高知)17.4
08位佐賀県(佐賀)17.4
12位和歌山県(和歌山)17.3
13位千葉県(千葉)17.2
14位神奈川県(横浜)17.1
14位徳島県(徳島)17.1
14位愛媛県(松山)17.1
14位大分県(大分)17.1
18位香川県(高松)17
19位岐阜県(岐阜)16.9
19位愛知県(名古屋)16.9
19位三重県(津)16.9
19位京都府(京都)16.9
23位東京都(東京)16.8
23位広島県(広島)16.8
25位埼玉県(熊谷)16.4
26位岡山県(岡山)16.3
27位奈良県(奈良)16.2
28位群馬県(前橋)16.1
29位山梨県(甲府)16
29位山口県(山口)16
31位滋賀県(彦根)15.7
31位鳥取県(鳥取)15.7
33位島根県(松江)15.6
34位石川県(金沢)15.5
35位茨城県(水戸)15.3
35位福井県(福井)15.3
37位栃木県(宇都宮)15.2
38位富山県(富山)15
39位新潟県(新潟)14.3
40位福島県(福島)14.2
41位宮城県(仙台)13.6
42位長野県(長野)13
43位山形県(山形)12.6
44位秋田県(秋田)12.3
45位青森県(青森)11
45位岩手県(盛岡)11
47位北海道(札幌)9.5

出典:気象庁

マップグラフで見る都道府県別の平均気温

平均気温のマップグラフ

北海道や東北地方の平均気温が低く、西にいくほど平均気温が高いマップグラフとなりました。

また、基本的には日本海側よりも太平洋側の気温が高く、内陸部がその間。

そして、2018年は記録的な猛暑の年だったため、平均気温も高めとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です