都道府県別の納豆の消費量ランキング

全国47都道府県の納豆の消費量ランキングです。

納豆はそのまま食べるのがスタンダードで、ネギやかつお節などの薬味や卵、オクラなどのネバネバ食材とあわせるなど様々なアレンジをすることが可能。焼いたり、磯辺揚げにしたりなど火を入れても美味しく食べられます。

また、納豆の消費量のデータは総務省統計局の「家計調査」を使用。令和2年(西暦2020年)の納豆の消費量のデータを利用しています。各都道府県のそれぞれの都市に住む100世帯前後を調査しており、世帯人数の平均は2.27人。1人ではなく、1家族の消費量の目安です。

それでは、都道府県別の納豆の消費量ランキングを見ていきましょう。

都道府県別の納豆の消費量ランキング

順位都道府県(調査都市)金額(円)消費量(パック)
01位秋田県(秋田市)6721168
02位福島県(福島市)5794144.9
03位青森県(青森市)5467136.7
04位栃木県(宇都宮市)5262131.6
05位茨城県(水戸市)5131128.3
06位富山県(富山市)4940123.5
07位山形県(山形市)4934123.4
08位長野県(長野市)4906122.7
09位宮城県(仙台市)4725118.1
10位群馬県(前橋市)4465111.6
11位鹿児島県(鹿児島市)4448111.2
12位岩手県(盛岡市)4250106.3
13位大分県(大分市)4198105
14位新潟県(新潟市)4188104.7
15位神奈川県(横浜市)4028100.7
16位福井県(福井市)393198.3
17位宮崎県(宮崎市)391797.9
18位岐阜県(岐阜市)389997.5
19位埼玉県(さいたま市)389397.3
20位熊本県(熊本市)381495.4
21位滋賀県(大津市)381095.3
22位北海道(札幌市)373693.4
23位長崎県(長崎市)366991.7
24位東京都(東京都区部)356589.1
25位福岡県(福岡市)350687.7
26位三重県(津市)343886
27位千葉県(千葉市)340485.1
28位石川県(金沢市)340185
29位静岡県(静岡市)328282.1
30位広島県(広島市)318179.5
31位島根県(松江市)308977.2
32位愛媛県(松山市)305176.3
33位奈良県(奈良市)303275.8
34位愛知県(名古屋市)299875
35位山梨県(甲府市)294373.6
36位香川県(高松市)268567.1
37位佐賀県(佐賀市)264566.1
38位徳島県(徳島市)255163.8
39位高知県(高知市)251162.8
40位兵庫県(神戸市)250562.6
41位京都府(京都市)250062.5
42位山口県(山口市)249762.4
43位岡山県(岡山市)238259.6
44位大阪府(大阪市)233958.5
45位鳥取県(鳥取市)231457.9
46位沖縄県(那覇市)228857.2
47位和歌山県(和歌山市)219754.9
全国平均366991.7

出典:総務省統計局「家計調査」

※「家計調査」は各都道府県の主に県庁所在地を調査したデータですが、このサイトではそれぞれの都道府県のデータとして扱っています
※納豆の価格はメーカーや購入場所などによってもかわりますが、一律40円/パックとして計算しています

マップグラフで見る納豆の消費量

納豆の消費量のマップグラフ

納豆の消費量1位は秋田県、2位は福島県、3位は青森県。東北地方での消費が特に多くなっています。

納豆が有名な茨城県(水戸)は2020年のデータでは5位。4位も関東地方の栃木県なので、関東地方でも消費量が多い食品だといっていいでしょう。

反対に、納豆の消費量最下位は和歌山県、46位は沖縄県、45位は鳥取県。44位に大阪府も入ってきていて、関西人が納豆嫌いというのが反映されているといえるでしょう。

九州地方は沖縄県と佐賀県が少ないですが、11位の鹿児島県のように多いところもあり、九州地方全体で見ると消費量のやや多い地域です。

納豆は近畿地方や中国地方、四国地方で消費量の少ない傾向がある食品といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です